2016年7月15日金曜日

生石高原

昨日は和歌山にある「生石高原(おいしこうげん)」に行ってきました。

2年前にここを知って、一度行ってみたいと思っていたんですが、やっと念願が叶いました。

生石山の山頂付近が高原になっていて、そのほとんどがススキの草原。

大阪の岩湧山も山頂がススキの草原になっていますが、目視で概算したところ、岩湧山の6倍ほどの広さ。



ススキの草原を歩いて、まず行ったところは「生石神社(しょうせきじんじゃ)」。

何故か、神社は「しょうせき」と呼ぶみたいです。

大きな岩をバックに身構える神社の本堂。

ちょっとしたパワースポットにもなっているみたいです。 



神社でご挨拶を終え、次に向かったのは湿原。

きちんと橋がかかっていて、周回することができるようになっていました。


その湿原に咲いてたがオオバキボウシ(サワキキョウ)


その他にも高原には沢山の種類の花と出会うことができたんですが、珍しい花を見つけました。

すれ違ったおじさんが教えてくれたんですが、オオナンバンギセルと言って、自らは葉緑体を持たずに、他の植物の根に寄生して、そこから栄養をもらって生きている植物らしいです。

そんな植物があることすら知らなかったんですが、山に行くと色々勉強になりますね。  


花を探しながら、草原の景色を楽しみながら、気持ちの良いトレッキング。


そして、次に着いたのは「火上岩」。

草原の中で、一か所だけ突き出た大岩。

そこで知り合った、地元のオジサン2名に、生石高原について色々教えてもらいました。


自宅から車で2時間半。

ちょっと遠出の山遊びになりましたが、妻は大喜び!

まさしくトレッキング(山歩き)と言った感じで、しかも歩く距離は5kmほど。

気持ちの良い休日を過ごすことができました。






2 件のコメント:

たく さんのコメント...

ナンバンギセルは岩湧山でも見れますよね

山城憲司 さんのコメント...

たくさん、久しぶりです~!!
岩湧山は何度も行ってるけど、ナンバンギセル見たことないなあ。
っというより、最近やっと植物を鑑賞しながら山歩きできるように
なったばかりだから、今までは見落としてたかも知れません。