2018年4月18日水曜日

ストレートネック


最近、「整形外科でストレートネックと言われました!」っと深刻な顔つきで来院する方が非常に増えてます。

整形外科に行くきっかけは、首が痛い、肩こりがひどい、頭痛、手がしびれるなど、人それぞれですが、結局、病院では全然改善せずに、当院に来られます。

最初は本当に深刻な顔で来院するんですよ。

でも、そこでいつもわたしが来院者さんに言うのは、
「心配しなくてもいいよ。あなたはストレートネックですねえ!って、言ってる病院の先生もきっとストレートネックだから。それに僕もストレートネックだし。」っと。

それで、来院者さんも少しホッとした様子に。

でも、そのまま放置はダメ!

(正常な首)

人の首というは、生後3か月頃から、首周りの筋肉が発達してきて、自力で頭をよっこらしょ!と持ち上げる時期に入ります。いわゆる「首がすわる」という時期。

このときに、綺麗な弯曲を作ります。

でも、大人になるつれ、寝方、仕事、事故などで、首が綺麗な弯曲は無くなってきます。

そして、最初は肩こりから始まり、頭痛、めまい、首痛、耳鳴り、胃の不調、その他自律神経失調症、手のしびれや痛みを引き起こしてしまいます。

ストレートネックが、再び正常な首になることはありません。

でも、きちんと定期的に矯正をしておけば、特に問題になることはありません。


なかには、逆に反ってしまって、首、肩の痛み、手のしびれがひどくなり過ぎて、深刻な状態になることも少なくありません。

上の写真、下を向いてる写真じゃないんです。ご本人はこれで普通にしてるつもりなんですよ。

ここまでひどくなると、諸症状が改善しないケースもあり、わたし自身、頭を悩ませてしまうこともあります。

機会があれば、また一度レントゲンを撮ってもらって、自分の首がどうなってるか確認しておくのも、人間ドックに入るのと同じぐらい大切だと思います。





頭痛・めまい・自律神経失調症専門院
ケニーカイロプラクティック
〒599-8251  大阪府堺市中区平井25-2
TEL:072-201-8240

0 件のコメント: