2015/10/23

宇治へ

昨日は、宇治に行ってきました。

数年前に、自転車を車に積んでポタリング(自転車で散歩)しに来たことがあったんですが、今回はのんびりウォークで散策することに。

宇治駅前の案内所で周辺マップをもらってから出発。



宇治川のそばには、あの有名な紫式部の石像。


この日は、大橋の修理工事をしていたんですが、こんなクレーンあるんだ~!


大橋から見た宇治川。

さすが京都!!

綺麗に整備してあって、ゴミがまったく無い!


大橋を渡り、最初に訪れたのは、宇治神社。

この辺りは、応神天皇の離宮跡になり、皇子の菟道稚郎子命(うじのわきいらるこのみこと)の宮居と伝えられていて、菟道稚郎子命の死後に、その神霊を祀ったのが、この神社の始まりだそうです。

この菟道稚郎子命については、応神天皇に愛されていたため、皇太子になったものの、異母兄の大鷦鷯尊(おおさざきのみこと、のちの仁徳天皇)に皇位を譲るために自殺したそうです。





宇治神社に隣接する世界文化遺産である宇治上神社。

この神社には、応神天皇、 菟道稚郎子命、 仁徳天皇をお祀りしていて、宇治神社との関係について、色んな説があって、なんとも謎の多い神社。


宇治上神社を過ぎて、ちょっと登山。

登頂を目指す山は、仏徳山(ぶっとくさん)!っと言っても、標高約130mと、ほとんど丘状態。


わずか30分で頂上近くの展望台に来てしまいました。


でも、展望台の真正面には、近年大改修を終えた、平等院の鳳凰堂が目の前に見えました。


その次に向かったのが、仏徳山の隣にある朝日山。

こちらは仏徳山よりさらに低く、標高120m。

山頂には観音様が祀ってありました。


朝日山を後にし、次に向かったのは、興聖寺(こうしょうじ)。

漆喰の綺麗な門構え。


中に入ってみると、庭園のように綺麗に整備されていて、なんか和む空間でした。


興聖寺の参道は、琴坂という名前がつけられていて、その脇を飾るのは全部もみじ!!

ここ、11月になったらさぞかし綺麗だろうなあ。


それから、妻に一度見せてあげたかった天ヶ瀬ダムに行くことに。


残念ながら、周辺が工事中で、ダムの上まで行けませんでした(-_-;)

左に写ってる赤レンガの建物は、昔の発電所らしいです。


あっちこっち、目まぐるしく観光し、戻ってきて、抹茶アイスクリームで一休み。

このアイスクリーム、抹茶の粉をいっぱいかけてあって、絶品でしたよ。



そして、また気になる抹茶だんごの看板。

妻と二人疲れているのか、必要以上に甘いものを欲します。


次は、あるお店の前には、抹茶コロッケの文字が!

5個購入!

帰宅して、ビールのおつまみに。


この日は、神社あり、山あり、ダムありのバリエーションにとんだハイキング。

そして、抹茶づくしの食巡りと、宇治をこれでもか!っというぐらい堪能した日となりました。