2015/11/09

ススキ見納め

先日、河内長野の岩湧山に行ってきました。

先月、大人の遠足で来たんですが、もう一度ススキを見たくて、妻を連れて行ってきました。

今回は、滝畑ダムから登ってみたんですが、去年、このコースを登ったのが7月の非常に暑い時期で、かなりバテてしまって、それ以降は避けていました。

でも、暑かったからバテたのか、やはり厳しいコースだからしんどかったのかも検証したくて、再度チャレンジ!

前回、このコースを歩いたときには気づかなったんですが、途中のスギ林が綺麗かったなあ。

葉が落ちたスギの木に光が乱射してて、まるで海の中を歩いているようでした。

このコースは、ダイヤモンドトレイルという、北から南まである全長45kmの一部で、道は整備されてて、とても歩きやすいコース。


途中、20名ほどの団体さんに会い、少しお話させていただいたんですが、その団体さんのなかに、なんと84歳のお母さんがいたんです!

それには驚きましたね~!

たぶん、登山歴長いんでしょうねえ。

老化は足からと昔から言われていますが、やはり健脚=元気なんでしょうねえ。

わたしも目標にしなくては。

そして、頂上付近のススキの草原に到着!

前回は、3時間もかかってしまいましたが、今回は2時間20分ほどで到着。


前月来たときよりも、さらにススキが伸びていて、長いものでは、3m近くまで伸びていました。

もう今年の岩湧山の綺麗なススキは見納め。


リベンジした今回のコースですが、そんなに厳しいコースでもなかったかな。

去年、登ったときは、やはり暑さのせいで厳しく感じたようです。

苦手なコースを克服できた1日でした。