2016/05/13

大和葛城山へ

昨日は、妻の母に大和葛城山のツツジを見せてあげたくて、行ってきました。

11:00頃にロープウェイ前に着いたんですが、???

平日はそんなに混まないと聞いていたんですが、とんでもなかったです。

駐車場には停めれたんですが、ロープウェイ前に行くと、人、人、人!!(-_-;)


やっと改札に入れたのは2時間後。


ようやくロープウェイで上がれて、好天気だし、気持ちの良い風が吹いてるし、頑張って待った甲斐がありました。


ロープウェイを降りて約15分でツツジ園に到着。

ここのツツジは街で見かけるツツジと違って、花が少し小さ目で、ピンク色。


残念ながら、先日の雨と強風で花が沢山落ちてしまって、今年は真っ赤に染まっているツツジ園を見ることができませんでした。

でも、今まで、妻はわたしの母の世話ばかりで、実母と一緒に出掛けることがなかったので、二人の後ろから写真を撮るとき、「あ~、やっと妻に親孝行させてあげられるなあ。」っと嬉しく思ったのと、「わたしの母にもこの景色見せてあげたかったなあ。」っという気持ちと、なんか複雑な気持ちでした。


3人で記念写真(パシャ!)

写真撮影後、ブラブラ歩いてると、ある女性が足をさすりながら座り込んでて、その横で彼氏らしき男性が困った様子で彼女を見てました。

スルーしようかなあと思ったんですが、ちょっと聞いてみると、足が痛くなって歩けなくなったらしいんです。

お節介かなとは思ったんですが、ちょこっとアドバイスしてあげて、ちょこっと頚椎の矯正をしてあげて、

「・・・???あれ??痛くない・・・?」(彼女)

「なんで、なんで・・・??」(彼氏)

その二人の頭上には?マークがいっぱい飛び交っていて、その姿がなんか可愛かったなあ。

その後、仲良く歩いてました。

ちょっと良いことしたかな。


お!ヘリコプター!!

新聞社のヘリコプターだと思うんですが、数機飛んでいました。

この週末、ツツジ園のニュースをするために撮影してるのかな。


山頂付近は、ススキの草原なんですが、散髪して綺麗になっていました。

一人のおじさんが、近づいてきて、「写真お願いできますか?」と言われたので、カメラをお借りして、おじさんに向けると、おじさんの手元に一枚の女性の写真。

そして、おじさん、涙しながらの写真撮影。

どうも、写真の女性は奥さんのようで、本当は一緒にこの大和葛城山に来る予定だったのが亡くなられたみたいでした。

よっぽど、奥さんのこと愛してたんだろうなあ。


やっぱり、平日でもこの時期の大和葛城山は、ロープウェイで上がるときは、6:00ぐらいには着いてたほうがいいみたいです。

それか、16:00ぐらいに来るのもありかな。

わたしたちが下りのロープウェイのりばで並んでたとき、上がって来るロープウェイはガラガラでした。

まあ、山頂に上がるのに苦労した1日でしたが、妻の母も喜んでくれて良かったです。