2017/03/24

鳥見山へ

昨日は奈良の桜井市にある「鳥見山」に行ってきました。

車で近鉄線「榛原駅」まで行き、駅周辺の駐車場に停め、駅前にある案内所でコースの聞き込み。

行きたいコースのことを聞いてみると、案内所のおじさんが、
「そのコースややこしいよ。」っとビビらすではありませんか。

しかし、せっかく来たので、コース地図をもらって、簡単に説明を受けて出発。


まずは、鳥見山へ。

榛原駅から鳥見山までは4km。

しばらくは住宅が並ぶ舗装路を歩き、途中から山道に。

それがけっこうきつい登りで、息を切らしながら歩きます。


そして、榛原駅を出発して約1時間で鳥見山に到着。

山頂付近は国定公園になってました。

ここで、お昼休憩。


鳥見山は、桜とツツジの名所のようで、桜がたくさんありましたが、さすがにまだ早かったようで、訪れている人はゼロ。

鳥見山は車でも行けるので、シーズンは相当の賑わいなんだろうなあ。


この公園からは、室生寺と長谷寺に行く自然道があるみたいですが、この日は長谷寺のほうに行ってみることに。


しばらくは舗装路を歩きますが、車がぜんぜん走ってないので、のんびり緑の景色を見ながら歩きます。


鳥見山から約30分で山道へ。

とても歩きやすい道で、まさにトレッキングといった感じ。


山道を約30分ほど歩くと、見えてきたのは「初瀬ダム」。

管理が行き届いていて、綺麗なが湖でした。


しかし!

ダムの下の降りてみると、すぐそばには民家。

こんなダムはじめて見ましたよ。

決壊することはないと思いますが。こんな近くに住んでる人がいるなんて!


初瀬ダムから舗装路が約1時間ぐらい歩くと、やっと長谷寺に到着。

はじめて来ましたが、長谷寺の周辺では昔の家屋が多く、江戸時代に戻った感じ。


長谷寺の正面の参道。

想像以上に立派なお寺みたいでしたが、この日は境内の見学はパス。


そして、長谷寺駅から榛原駅まで電車が戻ることに。

長谷寺から駅までの道中も、格子が残る古い家屋がたくさん。

こんなところに来ると、時間が止まってしまいますね。


長谷寺駅のホームには駅員さん不在の田舎の駅~!って感じでした。

そして、約4時間かけて歩いてきた距離をたったの4分で榛原駅に到着。

榛原駅の案内所のおじさんにお礼の挨拶をして帰宅。


この日は終日曇り空でしたが、雨も降らず、暖かかったです。

また、機会があれば、桜、ツツジのシーズンにもう一度行ってみよう!