2017/07/10

ガレージ・リトルへ


昨日は、愛車フィアト・パンダのオイル交換のために、東大阪のガレージ・リトルに行ってきました。

オイル交換だけなら近くのショップでもいいのかも知れませんが、なんか愛車を購入したガレージ・リトル以外で愛車のメンテナンスをお願いする気になれなくて。

それに、たまにガレージリトルに行くと、色んな旧車と出会うことができるので、それも楽しみなんです。

わたしの愛車の右にあるオレンジ色の車は、あのルパン三世が乗ってたことで有名なフィアット500(チンクエチェント)。

また、ショップの奥には、色んな色のフィアット500があり、


さらに奥には、元気に走り回れる日を楽しみにしている、レストア中のフィアット500がいました。

フィアット500は、こんな小さなボディーで車体価格が220~260万円。

でも、もう走らないところから、ピカピカにするんだから当然かな。



外には、横浜のオーナーさん所有のアウト・ビアンキ。

この車も乗ってみたいんですよ。

ガレージ・リトルに聞くと、この車、大人しく走ってると、もうスカスカで全然走らなくて、トルクを上げて走らないとダメみたいなんです。

1000ccに小さなボディー、可愛いデザインなんですが、中身はイタリアのじゃじゃ馬らしいです。

そんな話聞くと、ますます乗ってみたくなる!!


そして、珍しい車がメンテナンスのために来てました。

シトロエン2CV6。

この車、ガレージ・リトルは、べた褒め!!

600ccで軽量のため、なんとリッター20kmで、高速走行してもすごく安定してるので、日本国中どこにでも行けると、大絶賛の1台!


ここ近年、エコカーという車が巷をよく走ってますが、本当にエコなのかなあ?っていつも疑問に思うことがあります。

こういう旧車を気に入って、いつまでも大事に乗るほうが本当のエコのような気もするし。

旧車に興味のある方は是非、ガレージ・リトルに行ってみて下さい。

旧車=すぐに壊れるというイメージがあると思いますが、ガレージ・リトルの車は大丈夫!

きちんとメンテナンスもしてくれるし、安心ですよ。

ガレージ・リトルのサイト





頭痛・めまい・自律神経失調症専門院
ケニーカイロプラクティック
〒599-8251  大阪府堺市中区平井25-2
TEL:072-201-8240