2019/08/03

名倉潤さんを苦しめた・・・

ネプチューンの名倉潤さんをうつ病へと導いてしまった「頚椎椎間板ヘルニア」。


私のオフィスにも、過去に頚椎椎間板ヘルニアの手術をした方が数名来られたことがありましたが、しびれや痛みは、残ったまま。

「少しでも楽になれたらと思って。」といって来られるんですが、一度メスを入れてしまうと、なかなかカイロプラクティックの効果は期待できません。

こんなとき、本当に可哀そうというか、悔しいというか。

もっと首の骨を大事にしてくれていたら、こんな大事にならなかったのにと思います。

首が痛い、肩の痛み、手や腕のしびれ、痛みなど、必ず前兆はあったはずなんですが。

もともと、人間は、起床してから寝るまでの間、首が悪くなることしかしていません。


悪い姿勢でのデスクワーク。


長時間のスマホ利用。

その他、前傾姿勢ですることばかり!!


また、頭に枕を当てて寝る。
(寝かたについては、https://kenny-chiro.info/nekata.htmlを参考に)


人間の骨には、正しい形というものがあります。

その形が崩れるから、頚椎椎間板ヘルニアをはじめとする、さまざまな体調不良を起こしてしまいます。

骨の歪みは、誰にでもあります。

日頃から、骨の歪みを定期的にメンテナンスすることがとても大切です。